マンションの今と昔

構造から住戸プランまで、ずいぶんと様変わりしています。
新しいほうが圧倒的に有利な設備などもあります。

昔のマンションといっても、古くは45年ほど前から10年ほど前のものでは、まった
くの別物といっていいほど違いますので、ここでは25年ほど前の建物と現在の建物を比較してみます。
各部分について見ていきましょう。

①構造体..::現在は耐震性に対する基準が厳しくなっています。昔のすべての建物
がそうとは言えませんが、柱や梁の断面の大きさや鉄筋の数が、今の基準では不
適切なものもあります。超高層の建築の場合、高強度のコンクリートや鉄筋を使
用した最先端の建築技術でつくられます。大手建設会社の認定工法で造られる場
合がほとんどですが『年数を経た建物が少ないために、弊害が出るのか出ないの
か、また、出るとしたらどのような弊害なのかが把握できていないのが現状です。
メンテナンス方法やそれにかかる費用などについては未知数の部分が多く、心配
なところでもあります。なお、数年前から注目されている工法のひとつに、免震構造があります。

②各戸の面積::・・昔のマンションは相対的に小さく、現在は3LDKで80平方、前後と大きくなっています。
③配管方法:::現在のマンションにおいては、給水管など隠蔽配管されるものは「サヤ管」という配管が二重のフレキシブルなもので、
将来、配管替えが可能な仕様になっています。また、可ユニットバスやシステムキッチンはより豪華になり、サイズも大きくなっています。

④内部の床……上階の音が下階に伝わりにくい構造に変わりました。また、壁や天井、建具など、ビニールクロスや塩ビシート、
化粧合板などの材料はシックハウス症候群を防止するために建築基準法でも規制されて、ずいぶんと改善されています。
また、同法律で24時間換気も義務づけられています。

⑤断熱の仕様:…・以前は断熱材としてグラスウールの後施工やフォームポリスチレンなどをコンクリートと一緒に打ち込む工法が多く、
施工もあまり配慮なく行なわれていました。結露などが問題になり、20年ほど前から現場発泡の断熱などが多くなり、
結露にも充分注意するようにはなりましたが、まだまだ問題は多いようです。また地方によっては外断熱工法を採用しているものも増えてきました。

⑥外部の仕上げ……吹付け材からタイル張り仕上げが主流になり、見た目もきれいに、経年の汚れに比較的耐えうるようになっています。
②共用部分……玄関ホールなど広く豪華になり、オートロックや宅配ボックスの採用でセキュリティにも気を遣うようになっています。
⑬インターネット接続……最近は、各家庭でパソコンが普及し、インターネット接続が不可欠になりました。
室内LANを標準装備したものもでています。外部から電話回線などを使って、
エアコンやセキュリティの制御ができるシステムを採用しているマンションもあります。

最近の傾向として、都市の再開発で超高層マンションが多く建てられています。
形態にはさまざまありますが、これもまた、かつてはあまり見られなかった形態です。
他にも様々な比較の情報があります。詳しくはこちら→家 高く売る

FF044

Comments are closed.