地盤の状態

地盤の状態を調べることが重要

建物を支えることができるような堅固な地盤が浅いところにあるかどうかは、
近隣のデータから推測することはできますが、実際には掘ってみなければ分からないのが現実です。
例えば近くに川があると、予想に反する地盤状況になっていることが多くあります。
また、普段は安定していても地震が起きた時に不安定になる(液状化現象など)地盤もあります。
実際に、阪神淡路大震災では地盤の弱い場所に建てられた一部のマンションが液状化現象で大きな被害を受けました。

地域的な地盤の状態は、国土地理院から発行されている「土地条件図」や、自治体
が作成している資料などによって調べることが可能です。実際にそのマンションが建
つ場所の地盤の状態は、詳細な調査をしなければ分かりませんが、これらの資料で大
まかには把握できます。後述しますので気になる方は参考にしてみるといいでしょう。
勘違いしてはならないのは、地盤の悪いところに建つマンションがすべてダメだと
いうわけではない、ということです。重要なのは、その地盤に対応した基礎工事が行
なわれているかどうかであって、地盤そのものではないのです。
参考資料はコチラ→

もちろん、いい加減な事業者が皆無ではありませんし、予想外の災害などで地盤の状態が変化することもあります。
中古マンションでは、建物の周囲をチェックして、地盤沈下などがないか調べることも必要です。
しかし、マンション建設は施工会社にとっても一大事業ですから、地盤調査やその結果への対処は適宜行なわれていると考えていいでしょう。
事業者よりもさらに詳細に調べることは、現実問題として難しいのではないかと思います

FF200

Comments are closed.