基礎や地盤について教えて

マンションでは地盤の状態や建物の重量を考えて基礎のタイプが決められます。

建物は重力で常に下に引っ張られていますが、これを支えているのが基礎でありこの基礎を支えるのが地盤です。
人の重さも、家具の重さも、建物の重さも最終的には地盤に支えられているのです。
地盤が不安定であれば、それらの支えも不安定。
安定した地雛に建物を支持させることが重要なポイントになります。

マンションの基礎
基礎は直接韮礎と杭基礎に分けられます。直接基礎は基礎を直接、支持地盤に載せる方法です。
杭基礎は基礎の下に杭を打ち、その杭を堅固な地盤に支持させる方法(支持杭)や、
平面的にも断面的にも均一な地雛にもたせかける方法(摩擦杭)などで安定させて、建物の重量を支えます。
基礎について詳しく知りたい人は→を読んでみてください。

新宿の超高層ビルはべた基礎で、土の上にボンと載っているだけです。地盤が非常
に堅固なので、あれだけ高い建物も安定していられるのです。湾岸のビルは埋め立て
地に建てられていることが多いですが、地盤の浅い部分が軟弱なので、地下数十mも
の深いところにある堅固な地雛まで杭を掘り下げ、大きな重量を支えています。けれ
ども戸建て住宅のような小さな建物の場合は、トータル重量が軽いために、
同様な軟弱な地盤であっても軽微な地盤の補強で済むことがあります。

FF173

Comments are closed.